Deprecated: Function create_function() is deprecated in /home/dfqdvcx0/public_html/wp-content/themes/dr-ctm01/functions.php on line 1891
合宿免許に行こう!
Menu

合宿免許で取得できる自動車免許の詳細

合宿免許の詳細と注意点について

合宿免許は決められた日数の間、自動車学校などの施設が用意した宿泊施設に泊まり込んで自動車免許取得に必要な技能を習得するためのプランです。短期間で済むのが利点ですが、その一方で合宿免許に参加している間はほとんど自由時間が無い点を注意する必要があります。取得できる免許の種類については基本的に制限はありませんが、合宿免許を行う施設側の都合で特定の免許は扱っていないことがあります。そのため、事前の確認を忘れてはいけません。合宿免許の開催時期や費用、定員数についても施設ごとに異なるので、複数のプランを比較したうえで最も自分に適している所を選ぶのが速やかに免許を取る条件と言えます。

合宿免許はあくまでも自動車免許の取得試験を受けるための条件である、規定の時間の講習を効率的に受けるための手段です。合宿免許の講習を受けるだけでは免許取得にはならないのでその点は注意しなければいけません。

合宿免許で選択できる免許の詳細

基本的にはどの自動車免許も合宿免許で取得は可能ですが、利用者が多い施設では必然的に人気が高い免許を優先する傾向にあります。特に普通自動車免許の所持が絶対条件である、トラックの運転免許や2種免許の取得を目的とした合宿免許は多くの施設で人気のあるプランです。トラックには様々な大きさの車両がありますが、それぞれの大きさ別に必要な免許が異なります。中型免許は積載量が6500キロ未満の車両が対象であり、大型車はそれ以上の大きさの車両が運転できます。また、トラックの中にはトレーラータイプの車両もありますが、運転をするにはけん引免許が必要です。けん引免許は引っ張る車両が750キロを超える場合に必要な免許であり、運転する車両の大きさは関係ありません。そのため、普通自動車の運転であってもけん引免許が必須になるケースもあります。

バイクの運転に必要な自動二輪免許も複数の種類があり、普通と大型があります。普通は排気量が400ccの二輪車、大型はそれ以上の排気量の二輪車も運転できる免許です。例えばアメリカンバイクのハーレーの排気量は最も少ないクラスでも883ccです。そのため、日本の公道で運転するには大型二輪免許が必要になります。大型二輪免許があれば日本の公道ですべての二輪車を運転することができるので便利です。排気量50cc以下のスクーターは原動機付自転車免許を持っていれば運転ができます。原付免許の略称で知られていますが、この免許で運転できる車両は排気量500cc以下に限られるので汎用性に乏しいのが欠点です。また、普通自動車免許があればスクーターの運転ができるので、原付免許だけを個別に取得する必要はありません。

大型特殊免許は大特の略称で広く知られている免許です。工事作業に用いる車両や農作業用の車両を公道で走らせるには大型特殊免許が必要になります。ブルドーザーやクレーン車、トラクターなどの車両が大型特殊免許の対象ですが、あくまでも公道の走行に限った免許である点を注意しなければいけません。それぞれの車両を工事などの作業に用いる際は専用の作業免許が必要ですが、自動車学校などの施設によっては作業免許の講習を受け付けていない所もあるので事前の確認が不可欠です。

2種免許は取得が困難

2種免許はタクシーやバスのように旅客運送を目的とした車両を運転するのに必要な免許です。車両運転の基本的な方法は1種と変わりませんが、2種では運転時における周囲の安全確認が厳しく評価されるのが特徴です。1種では合格に至っても2種では不合格になってしまうケースは決して珍しくありません。また、学科の内容も1種と2種では内容が違うので、同じ普通自動車を運転する免許であっても1種と2種は別物と見なすのが賢明と言えます。評価の厳しさから取得が困難とされる2種免許ですが、合宿免許を利用することで時間をかけずに取得することが可能です。特にバスの運転は中型や大型など車両の大きさによって必要な2種免許が変わることから、合宿免許を利用した取得が最も効率的になります。

免許は合宿免許ムーチョ!で取ろう



Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/dfqdvcx0/public_html/wp-includes/functions.php on line 3818