Menu

どちらが安い?お得?合宿免許と通学免許

合宿免許と通学免許の違い

合宿免許とは、教習所の近隣の宿泊施設に宿泊して短期集中型のスケジュールで教習を受け、教習所を卒業し、免許取得を目指すことです。費用は、教習費、宿泊費、3食の食事代、往復交通費等がセットになっていることが多いです。

通学免許とは、教習所へ通い、通常のスケジュールで教習を受けて卒業し、免許取得を目指します。通常の教習料金の他に、補修の受講費用や再受験の費用は別途必要です。
どちらも教習面での違いはありません。

合宿免許と通学免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリットは、短期集中型のスケジュールで教習を受けるので、短期間で教習所を卒業可能なことです。教習のスケジュールも短期集中型で受講可能なように教習所側が提示してくれるので、予約などの手間がかかりません。合宿免許では、宿泊プランを選択でき、1日の教習が終わった後や空き時間に観光や温泉、エステなどが楽しめるプランもあり、その点もメリットです。デメリットは、宿泊し連日教習所で教習を受けることになるので、まとまった時間が取れないと参加が難しいことです。また、宿泊費用等、教習費用以外も費用に含まれているので、補修や再受験の費用を考慮しない場合、通学免許よりかかる費用は高額になります。

通学免許のメリットは、自分のスケジュールに合わせて教習所に通うことができることです。まとまった時間が取れない方も教習を受けることができます。デメリットは、教習の予約を自分で入れなければならず、混んでいる教習所ではなかなか希望の時間に教習を受けることができないことです。その結果、教習所卒業まで時間がかかってしまうこともあります。通う教習所が遠方の場合は、通学にも時間がかかります。また、みきわめや試験まで時間が空いてしまうこともあり、合宿免許と比較すると補修や再受験の確率が高くなってしまいます。何度も補修や再受験を繰り返すと費用もかさんでしまいます。

どちらが安い?

補修や再受験の費用を考慮せず、かかる金額だけを比較した場合は、通学免許の方が安くなります。
ただし、合宿免許は、補修費用や再受験費用が無料になっているプランもあり、有料の場合でも短期集中型のスケジュールで教習を受けるので、教習内容の記憶が新鮮なうちにみきわめや試験を受けることができ、補修を受けなければならない確率が低くなります。よって、結果的に費用が安く済む場合もあります。また、合宿免許は、プランによっては小旅行気分も味わえるのでその点はお得感があります。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!



Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/dfqdvcx0/public_html/wp-includes/functions.php on line 3813