Menu

合宿免許と通学免許はどの点が違う?

合宿免許の概要

合宿免許は、主に地方に位置する教習所が設置しているプランであり、都市部に住む若者や学生向けの商品と言えます。合宿免許は、15日前後の連続したスケジュールを確保した場合に利用する事が可能で、夜間は寮やホテルに滞在するのが一般的です。合宿免許のメリットは、通学免許と同等の料金で教習と宿泊施設がセットになっている事であり、ほとんどの合宿で入所者に優しい保証サービスを提供しています。代表的なサービスとしては、技能の再教習料金が無料になったり、卒業予定を過ぎた時の数泊分のホテル延泊料金が掛からなかったりします。

合宿は、3食付きプランが一般的であり、朝と夜はホテルや寮の食堂で、昼食に関しては教習所の食堂で食べます。寮滞在の一部プランは、自室に台所が設置されている自炊プランとなっており、料理が得意な場合に活用する事が可能で、通常プランよりやや割安な料金で提供されています。合宿期間中の食事は、定食・弁当・ビュッフェなどのスタイルを採用しているので、毎回違った料理を楽しむ事が出来るでしょう。食事にこだわりたい場合は、ブログや教習所紹介ページに掲載される食事メニューを参考にして申し込む事が大切です。

合宿のデメリットは、通学タイプと違って事前に決められたスケジュールで入所する事や、見知らぬ遠方の土地で過ごす必要がある事です。長期滞在時の初めての土地は、ホームシックになる可能性がありますが、そんな時は免許取得予定の友人や恋人と一緒に過ごせるツイン・トリプルルームの利用が向いています。2人以上の利用は、通常プランから5千円程度安くなる、複数人割引が適用される合宿免許が多くあります。

通学免許について

通学免許は、自宅近隣にある教習所に通う方式の事であり、卒業まで1か月や2か月程度掛かります。通学免許最大のメリットは、自分のスケジュールに合わせて通学出来るので、日中忙しい社会人であっても気軽に通えます。デメリットは、繁忙期である夏休みシーズンと春休みシーズンの利用者が多くなる事から、そのような時期の技能教習は1コマか2コマの予約が一般的になります。出来る限り毎日通いたい人は、キャンセル待ちを活用すると少しだけ卒業までの期間を短くする事が可能です。最近では、短期間で卒業したい人向けのプランが提供されていて、通常料金に数万円プラスする事で技能教習優先予約枠を多めに使えるので、1か月以内に卒業する事が出来ます。

どちらの利用が向いている?

合宿免許と通学免許を使う上で、どちらが向いているかについては、免許取得予定者の生活環境や価値観によって異なります。滞在中の食事を一切作らずに済むという点は、一人暮らしの人にとっては大変ありがたい事であり、そのような人には合宿が向いています。更に、時間に余裕があって、一人で長時間過ごす事を苦に感じる事が無い人も合宿免許が向いているでしょう。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!



Notice: ob_end_flush(): failed to send buffer of zlib output compression (0) in /home/dfqdvcx0/public_html/wp-includes/functions.php on line 3813