Menu

日本全国の物日(1月~3月)

日本には、どのような物日があるのか、月別にチェックしてみましょう。 1日は正月ということは誰でも知っていることです。 元旦は元日の朝のことを言います。ですから午後には元旦という言葉はもう使いません。

成人の日は、1948年に制定されて1999年までの間1月15日という日が認知されていたのですが、2000年に制定されたハッピーマンデー法によって、1月の第2月曜日に改正されることになります。
成人の日は、若い人たちが大人になって、自らで生き抜くことを自覚する日です。

1月14日は愛と希望と勇気の日です。 バレンタインデーを間近にして、準備期間でこのような物日が設定されたのでしょうか。愛と希望と勇気の日は、バレンタインデーとのリンクは存在せず、1959年1月14日に、「南極物語」の、南極に置き去りにされてしまった2匹の「タロー」と「ジロー」が1年ぶりに生存確認された日なのです。愛と希望と勇気の日は、犬との絆から教えられた記念日です。

2月11日は建国記念の日です。 建国をしのんで、国を愛する心を養う日とされています。私達が日本人であることをしみじみ自覚する日です。

2月14日はバレンタインデーです。バレンタインデーが過ぎて、2月17日は、天使のささやきの日と言われています。天使のささやきといえば、バレンタインデーのように甘い記念日という感じもありますが、これは空気中の水蒸気が凍ってできる現象の「ダイヤモンドダスト」のことを言います。

1978年2月17日、北海道幌加内町で氷点下41.2℃の戦後最低の気温を記録し、観光招致策の一環によって寒いイメージをダイヤモンドダストに見立てて、1994(平成6)年には天使のささやきの日と制定したようです。つまり北海道へ旅行をしましょうという記念日でしょうか。

2月29日は、円満離婚の日とされています。 2人に、福(29)あれの語呂によって、この日だそうです。 3月は、1年でもっとも離婚の数が増えるというので、物日を知り、身をひきしめて欲しいものです。

3月には、桃の節句があります。 3月3日。女の子の健やかな成長を願う日です。 ひな人形を飾って、白酒や菱餅、あられ、桃の花と言ったものを供えて祀ります。ホワイトデーは3月14日です。 一般的にバレンタインデーにチョコレートを貰った男性たちが、お返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレートのプレゼントをする日です。

春分の日は、3月20日(平成29年)、平成30年は3月21日という感じで、年で日が変わります。前年の2月1日には、国立天文台が官報で発表している「春分日」を基準にし決められていきます。春分の日はあえていえば、自然をたたえて、生物をいつくしむ日でしょうか。